剛球復活!松坂、先発ローテだ!!

e0105596_8144330

剛球復活!松坂、先発ローテだ!!コリンズ監督「有力候補」

 【ジュピター(米フロリダ州)2日(日本時間3日)】米大リーグ、メッツとマイナー契約を結ぶ松坂大輔投手(33)が、カージナルスとのオープン戦に初先発。2回を2安打1失点で敗戦投手となったが、92マイル(148キロ)の直球を投げ込むなど、好調をアピールした。首脳陣の評価も高く、3年ぶりの開幕メジャー&ローテーション入りに前進。怪物が、復活ののろしを上げた。

 フロリダの太陽に照らされた松坂が懸命に右腕を振った。マイナー契約の招待選手として上がった今季初の実戦マウンド。悲願の開幕メジャー入りに向けての光明を見いだした。

 「点は取られましたけれど全体的にというか、スライダー以外のボールはよかったと思います」

 相対したのは昨季のナ・リーグ覇者カージナルス。打線にはマット・ホリデー外野手(34)、アレン・クレイグ外野手(30)ら強打者が並ぶ。挑戦者の気持ちを忘れず、最速92マイル(148キロ)をマークした直球を主体に強気に向かった。

 復活を確信しつつある。昨季は直球の大半が90マイル(145キロ)以下。2011年に右肘靱帯(じんたい)の再建手術を受け、翌年復帰したものの、その後は本来の剛球が影を潜めた。

 手術の影響で肘が上がらず、下半身も左足にうまく体重移動できない…。それでも、専属トレーナーと体の軸が手術前と変わっていることに気付き、昨オフはフォームを見直し一歩、一歩本来の投球に近づいている。

 そんな松坂を07-08年にオリックスを率いたテリー・コリンズ監督(64)も評価。「ダイスケ(松坂)は先発の有力候補。彼にはそれをつかみ取るチャンスがある」と明かした。先発ローテーションは5人で回す予定で4枠は埋まっている。現実的には残り1枠を松坂、ジョン・ラナン(29)、ヘンリー・メヒア(24)の3投手で争うが、実績では松坂に分がある。

 レッドソックス時代の11年以来、3年ぶりとなる開幕ローテーション入りのアピールにまずは成功。試合後、松坂の声も弾んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000501-sanspo-base

がんばれ松坂!



現在、色々と試行錯誤中です。

後ほど、皆様のコメントをまとめさせていただきます。




カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文