歴代30代以降の投手勝ち星ランキング作ったで~

ball

http://hayabusa5.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1395241095/

1: 名無しさん 2014/03/19(水)23:58:15 ID:URv3NUKBg
歴代30代以降の投手勝ち星ランキング作ったンゴ。

投手の勝利ランキングは、特定の年代に偏るんで、まんべんなくランクされる
基準がないかと考えとったら、若手時代の酷使部分を抜けばいけるかも
と思って、数えて見たんやで~。
ここからエセ猛虎弁で進めて、読みにくいけど我慢してやー。

2: 名無しさん 2014/03/19(水)23:59:07 ID:URv3NUKBg
《ランキング対象》
・すべての投手は、無理やったわ、スマン。
 日本プロ野球で通算100勝以上してる131人が対象なんやで。
 日本で通算100勝未満、日米通算100勝している投手は、対象外や。

《カウント対象期間》
・30代からの勝利数を計算してるで。
具体的には
・4月1日時点で30歳だったシーズンから引退までカウントしたんや。
 例を挙げれば、内海投手は、 1982年4月29日生まれなんや。
 2012年4月29日で30歳になるんやけど、2012年4月1日時点では29歳やから
 2012年シーズンはカウント対象外や。
 2013年シーズンからカウントしていってるで。

《カウント対象リーグ》
・NPBだけなんやで。
・海外を対象にすると、MLBを入れるんか、韓国はどうや、台湾はどっちやということになるんで
 日本だけにしたんや。

《所属球団》
100勝達成した時の球団が表記されてるで。

3: 名無しさん 2014/03/19(水)23:59:23 ID:URv3NUKBg
前置きは以上なんや。
それじゃあ、下位から発表していくで~。

4: 名無しさん 2014/03/20(木)00:00:23 ID:CL1PBMWUC
第122位  0勝

岩隈久志(楽天)※
松坂大輔(西武)※
清俊彦(近鉄)
木樽正明(ロッテ)
池永正明(西鉄)
田中勉(中日)
尾崎行雄(東映)
大石清(広島)
備前喜夫(広島)
河村久文(西鉄)

※は現役
NPBだけやから0勝なんやけど、MLB含めればそれぞれ、岩隈(23勝)・松坂(7勝)なんや。
清俊彦以外は。30歳のシーズンを迎える前に引退しとるで。
池永と田中に関しては、引退っちゅうか追放やったんやけどな。

5: 名無しさん 2014/03/20(木)00:00:26 ID:i6OgDDMBr
ほう

6: 名無しさん 2014/03/20(木)00:00:43 ID:CL1PBMWUC
第121位  1勝

天保義夫(阪急)

1勝だけやけど、30歳以降で3シーズン在籍しとるで~。

7: 名無しさん 2014/03/20(木)00:01:00 ID:CL1PBMWUC
第120位  2勝

村田元一(産経)

現役最終年(1969年)に2勝して引退や。

8: 名無しさん 2014/03/20(木)00:01:18 ID:CL1PBMWUC
第117位  6勝

野村弘樹(横浜)
土橋正幸(東映)
米川泰夫(東映)

50年代・60年代投手に混じって、元横浜の野村がランクイン。
野村が、30代以降3シーズン在籍、他の二人は2シーズンが対象やったんや。

9: 名無しさん 2014/03/20(木)00:01:31 ID:CL1PBMWUC
第114位  7勝

渡辺久信(西武)
池谷公二郎(広島)
若生忠泰(西鉄)

60年代・70年代・90年代と活躍時期が異なる3投手がそれぞれランクイン。
3人とも30代以降のシーズンは、在籍3シーズンやったんや。

10: 名無しさん 2014/03/20(木)00:01:48 ID:CL1PBMWUC
第113位  8勝

城乃内邦雄(巨人)

巨人V9前半期のエースが、ここで登場。
巨人のまま終わっていたら7勝どまりやってんけど、
一度引退してから3年ぶりにロッテで復帰、1勝を上げてランクアップしとるで~。

11: 名無しさん 2014/03/20(木)00:02:03 ID:CL1PBMWUC
第110位  9勝

三沢淳(中日)
成田文男(ロッテ)
真田重蔵(松竹)

真田が、2シーズンだけで9勝を上げているのに対して、
成田が6年かけて9勝を積み上げているのが、同じ勝ち星でも対照的なんや。

12: 名無しさん 2014/03/20(木)00:02:20 ID:CL1PBMWUC
第109位  10勝

稲尾和久(西鉄)

酷使の代名詞である稲尾が、ここにランクイン。
通算勝利数から比べると低い順位なんやけど、
酷使酷使のイメージが強すぎて、意外に30代以降も勝っているんやなーと感じたで。

13: 名無しさん 2014/03/20(木)00:02:34 ID:CL1PBMWUC
第108位  12勝

外木場義郎(広島)

30歳のシーズンの10勝がなければ、やばかったで。
引退前3シーズンは、2勝どまりなんや。

14: 名無しさん 2014/03/20(木)00:02:39 ID:i6OgDDMBr
期待してるで

15: 名無しさん 2014/03/20(木)00:03:01 ID:CL1PBMWUC
第104位  13勝

内海哲也(巨人)※
小林繁(阪神)
バッキー(阪神)
渡辺省三(阪神)

内海は、まだ1シーズンしかカウントしてないんや。
今後どこまで選手生命と勝ち星を伸ばせるかが、ポイントやね。
小林とバッキーは、1シーズンに13勝の荒稼ぎして、この順位なんや。
二人とも急に辞めたイメージやなー。

16: 名無しさん 2014/03/20(木)00:03:27 ID:CL1PBMWUC
第103位  15勝

杉浦忠(南海)

自ら最後の3年間は給料泥棒だったと語る杉浦が103位。
急激に衰えたとはいえ、30代以降在籍5シーズンでコツコツ積み重ねた
15勝は、晩年未勝利投手が多い中では立派なんやで。

17: 名無しさん 2014/03/20(木)00:03:44 ID:CL1PBMWUC
第102位  16勝

和田毅(ソフトバンク)※

現時点でNPBラストシーズンだった1年のみがカウント対象。
悲しいのは、MLB込みでカウントしても勝ち星が増えへんことや。
もっと頑張ってくれると信じとるでー。

18: 名無しさん 2014/03/20(木)00:03:59 ID:CL1PBMWUC
第101位  17勝

森中千香良(東映)

すまんが、この選手のことはよう知らんのや。
経歴を見ると、30代以降は大洋→東映(日拓・日ハム)→大洋
と渡り歩いて、6シーズンで17勝を上げてるみたいや。

19: 名無しさん 2014/03/20(木)00:04:18 ID:CL1PBMWUC
第99位  18勝

上原浩治(巨人)※
武智文雄(近鉄)

ここから2桁順位なんや。
このへんになると6シーズン以上在籍する息の長い選手が多くなってくるで。
上原投手はMLB抜きでこの順位、日米通算やったら27勝やな。

20: 名無しさん 2014/03/20(木)00:04:46 ID:CL1PBMWUC
第98位  19勝

金田留広(ロッテ)

ロッテ時代の活躍が有名やけど、現役晩年は広島でも日本一に貢献したんや。
金石の広島入りの橋渡しもやっとるでー。

21: 名無しさん 2014/03/20(木)00:05:13 ID:Yr47fDQxL
これは良スレ
期待しとるやで

22: 名無しさん 2014/03/20(木)00:05:20 ID:CL1PBMWUC
第97位  20勝

佐々木宏一郎(近鉄)

完全試合や通算100勝など近鉄時代の活躍が目立つんやけど、
30代以降はほとんど南海時代に上げた勝ち星なんや。
際立って多いシーズンもなく、8シーズン欠かすことなく貯めた数字なんやで。

23: 名無しさん 2014/03/20(木)00:05:43 ID:CL1PBMWUC
第95位  21勝

松本幸行(阪急)
堀内恒夫(巨人)

松本(阪急)の違和感が、半端ない。
調べるまで中日一筋と思とったから通算100勝も阪急やったのは意外やったわ。
堀内は、イメージ通りの巨人一筋やったね。

25: 名無しさん 2014/03/20(木)00:06:03 ID:CL1PBMWUC
第93位  22勝

長谷川良平(広島)
森弘太郎(阪急)

広島と阪急、老舗球団の草創期を支えた投手が揃ってランキング入り。
両者とも30代以降のシーズンは、ほとんど負け越したり、負け越し数が増えているのが
もの悲しいんやでー。

26: 名無しさん 2014/03/20(木)00:06:25 ID:CL1PBMWUC
第92位  24勝

柳田豊(近鉄)

土井正博との1対2トレードで近鉄移籍して、30代以降も先発として永らく活躍、24勝を積み上げたんや。
フルローテやったから30代以降にも関わらず、1983年に最多敗戦も記録してるんやで。

27: 名無しさん 2014/03/20(木)00:06:45 ID:CL1PBMWUC
第91位  25勝

尾花高夫(ヤクルト)

30歳のシーズンは、エースで開幕投手やったんで長く活躍すると思いきや
怪我のため30代以降は、在籍4シーズンに留まった。
思ったより勝ち星が伸ばせなかったかなー。

28: 名無しさん 2014/03/20(木)00:07:05 ID:CL1PBMWUC
第90位  28勝

小松辰雄(中日)

スピードガンの申し子と呼ばれた剛速球投手も30代以降は、
スピード・球威が衰え出していたんや。
そんでも先発ローテに入って、在籍5シーズンで28勝を上げてんでー。

29: 名無しさん 2014/03/20(木)00:07:26 ID:CL1PBMWUC
第87位  29勝

江川卓(巨人)
高橋重行(大洋)
安仁屋宗八(阪神)

江川は、もう少しやれそうと思とったけど、30代以降在籍2シーズンでスパッと辞めた。
逆に安仁屋は、もうあかんかと思われながら、30歳のシーズン移籍先の阪神で見事復活。
現役生活を18年にまで伸ばすことに成功しとるでー。

30: 名無しさん 2014/03/20(木)00:07:48 ID:CL1PBMWUC
第85位  30勝

村上雅則(日ハム)
野口二郎(大洋)

日本人初のメジャリーガーと延長28回を投げぬいた鉄腕投手という記録に残る両投手。
マッシーが、南海時代以降8シーズンも投げていたことのも意外やったし、
野口が延長28回とかシーズン40勝とか応召されるとか凄まじく酷使されてるのに30歳を超えて
投げてんのが意外やったわ。

31: 名無しさん 2014/03/20(木)00:08:08 ID:CL1PBMWUC
第82位  31勝

杉内俊哉(ソフトバンク)※
稲葉光雄(阪急)
藤田元司(巨人)

現役組と投手育成に定評のある名伯楽2人が、82位でランクイン。
杉内は、ピークを過ぎたと囁かれて、今後どれだけ調子を戻してこれるかやね。
故人二人は、現役時代と引退後どちらももう少し長生きして欲しかったわ。

33: 名無しさん 2014/03/20(木)00:08:26 ID:CL1PBMWUC
第81位  32勝

江夏豊(阪神)

この人の30代以降は、リリーフエースの頃やから
計る物差しが勝ち星ではないんやけどなー。
それでも、この位置につけれるのが、すごいところやね。

34: 名無しさん 2014/03/20(木)00:08:52 ID:CL1PBMWUC
第77位  33勝

山内孝徳(ダイエー)
鈴木孝政(中日)
秋山登(大洋)
清水秀雄(洋松)

活躍した年代、投球スタイルなど全く異なる4人が、77位に登場。
現役最後も清水や山内が、区切りとなる100勝を達成して引退したのに比べて
秋山は、惜しくも193勝に留まって、終わり方も対照的やねん。

35: 名無しさん 2014/03/20(木)00:09:24 ID:CL1PBMWUC
第75位  34勝

西崎幸広(日ハム)
山沖之彦(オリックス)

ここも対照的な2人が、並んで登場。
両選手とも30代以降の新天地となる球団に移籍するけど、
西崎が西武でもう一花咲かせたのに対して、
山沖は阪神で一軍登板のないまま引退やったなー。
後期の所属球団のファンの評価が天と地ほども違う2人やね。

36: 名無しさん 2014/03/20(木)00:09:40 ID:CL1PBMWUC
第73位  35勝

山下律夫(西武)
江本孟紀(阪神)

「ベンチがアホやから野球がでけへん」の江本が登場。
小林、バッキーと並び、阪神投手陣でもう少しやれたと思える選手の一人。

37: 名無しさん 2014/03/20(木)00:10:02 ID:CL1PBMWUC
第72位  37勝

石川雅規(ヤクルト)※

OB選手が続くなか、現役選手が72位に食い込んだ。
30代に突入して、ゆるやかな下降線を辿りつつあるかつてのエースは、
そろそろ前年より勝ち星を増やさないといけない正念場やね。

38: 名無しさん 2014/03/20(木)00:10:21 ID:CL1PBMWUC
第71位  39勝

杉下茂(名古屋)

中日一筋と思われがちやけど、選手としては最後の一年を大毎で過ごして、
4勝を積み増ししてんねん。
引退後も阪神の監督を務めたこともあるんやでー。

40: 名無しさん 2014/03/20(木)00:10:51 ID:CL1PBMWUC
第70位  40勝

黒田博樹(広島)※

今回のランキング方法による最大の被害者。
MLBも含めると108勝で、ベスト10入りしてるとだけ言っときますわ。

41: 名無しさん 2014/03/20(木)00:11:26 ID:CL1PBMWUC
第68位  42勝

川上憲伸(中日)※
服部受弘(名古屋)

新旧中日投手が仲良くランクイン。
川上は、MLB時代を入れれば7勝ほど積み増しされるで。

42: 名無しさん 2014/03/20(木)00:11:45 ID:CL1PBMWUC
第67位  43勝

郭泰源(西武)

現役最後2年間は、未勝利で限界やったように見えるけど
全く練習していないのに引退試合で143キロ出せたことを思うとまだやれたとも思うで。

43: 名無しさん 2014/03/20(木)00:12:06 ID:CL1PBMWUC
第64位  45勝

新浦壽夫(大洋)
遠藤一彦(大洋)
渡辺秀武(日ハム)

この辺りから40歳のシーズンまで活躍した長寿選手がチラホラ登場。
新浦は、韓国時代の54勝を除外して計算しとるで。
新浦と渡辺は、40歳を超えて投げ続けた超ベテラン投手やねん。

44: 名無しさん 2014/03/20(木)00:12:28 ID:CL1PBMWUC
第63位  46勝

権藤正利(阪神)

現役最後は、引退を決意してから、金田監督を殴ってそのまま任意引退してんねや。
阪神は、こんなんばっかりやな。

45: 名無しさん 2014/03/20(木)00:12:48 ID:CL1PBMWUC
第60位  47勝

清水直行(横浜)※
高橋一三(巨人)
小野正一(大毎)

失礼かも知れんけど、清水直行にめちゃめちゃ場違いな感じを受けたわ。
30代以降でこんなに勝ってると思わんかった。

46: 名無しさん 2014/03/20(木)00:13:02 ID:CL1PBMWUC
第59位  48勝

斉藤明雄(大洋)

抑え投手でもあったんやけど後半は先発に戻ったことが幸いして、順位を上げてんねん。
100セーブ以上記録したことも加味すると、その凄さが3割り増しくらいになるで。

47: 名無しさん 2014/03/20(木)00:13:20 ID:CL1PBMWUC
第56位  49勝

若生智男(阪神)
荒巻淳(毎日)
御園生崇男(阪神)

阪神一筋の御園生、阪神と契約したが取り消した荒巻、阪神で通算100勝を達成した若生と
阪神に縁のある選手が揃った第56位。
御園生・荒巻が40代で早死にしているので、若生は長生きしててや。

48: 名無しさん 2014/03/20(木)00:13:41 ID:CL1PBMWUC
第55位  50勝

大友工司(巨人)

たった2人しかいない30代以降の30勝以上達成投手の一人。
1年違えば20勝止まりだったという区切りの良さにも恵まれて、ここから50勝の大台を突破しとるで。

49: 名無しさん 2014/03/20(木)00:14:32 ID:CL1PBMWUC
第52位  51勝

郭源治(中日)
槙原寛己(巨人)
西本聖(巨人)

郭源治は、通算勝利数こそ郭泰源に譲るものの30代以降ではこちら。
なお、台湾に戻ってからも42歳まで現役を続けて、通算28勝を上げてるけど、今回は加算してへんで。
槙原は、晩年にストッパーせえへんかったらもう少しいけたかなー。
西本も最終の巨人でチャンスがあったらどうやったやろなー。

50: 名無しさん 2014/03/20(木)00:14:50 ID:CL1PBMWUC
第50位  52勝

星野伸之(オリックス)
星野仙一(中日)

狙ったかのように同じ苗字の名投手が同数でフィニッシュ。
あんまり似てるとこのない両投手やけど、30代以降の成績はちょっと似とるかもしれん。

51: 名無しさん 2014/03/20(木)00:15:06 ID:CL1PBMWUC
第48位  54勝

桑田真澄(巨人)
川口和久(広島)

巨人-広島の3連戦でよく投げ合った2人が、同着でランクイン。
右腕と左腕、制球の良し悪しと全くタイプが異なるものの結果は同じという
根っこの部分で似てる部分があるのかもしれんね。

52: 名無しさん 2014/03/20(木)00:15:32 ID:CL1PBMWUC
第47位  55勝

三浦清弘(南海)

スマンが、よう知らん選手やねん。
30代以降は、7シーズン在籍してコンスタントに勝ち星を記録しているようやわ。

53: 名無しさん 2014/03/20(木)00:16:14 ID:CL1PBMWUC
第45位  57勝

仁科時成(ロッテ)
平松政次(大洋)

2人のフランチャイズプレーヤーが、57勝で出揃ってランキング。
岡山県出身という共通点もあんねん。
平松は、呼称がちというイメージの割りに成績のぶれは少のうて、
30代以降はコンスタントに勝ち星を稼いでるようやわ。
仁科は、30代以降で2度のノーヒットノーラン未遂が有名やね。

55: 名無しさん 2014/03/20(木)00:17:24 ID:CL1PBMWUC
第43位  58勝

山内新一(南海)
梶岡忠義(阪神)

いぶし銀の渋い選手同士が43位にランク入り。
両者とも20勝以上を上げたこともあってんけど、ライバル達がそれ以上の勝ち数やったから
なかなか日の目を見ない地味系になってしまってんねん。

56: 名無しさん 2014/03/20(木)00:17:59 ID:CL1PBMWUC
第41位  60勝

斎藤雅樹(巨人)
水谷則博(ロッテ)

斎藤は、一時期の無双っぷりから考えると急激に衰えたイメージやわー。
水谷は、初めて知ったんやけど入団して数年芽が出えへんで、
移籍先のロッテで開花したところを見ると、斎藤における藤田監督みたいな図を連想してまうわ。

57: 名無しさん 2014/03/20(木)00:18:22 ID:CL1PBMWUC
第38位  62勝

北別府学(広島)
加藤初(巨人)
梶本隆夫(阪急)

精密機械、鉄仮面と来てからのホトケのような梶本という名のオアシス。
3人とも実直というイメージが当てはまるわ。

58: 名無しさん 2014/03/20(木)00:18:56 ID:CL1PBMWUC
第36位  65勝

石井一久(埼玉西武)
村山実(阪神)

いつでも全力投球とどこでも脱力系というアンバランス。
石井は、これでもMLBを換算していないので実質順位はもっと上。
一生懸命の意義ってなんやろね?

59: 名無しさん 2014/03/20(木)00:19:14 ID:CL1PBMWUC
第35位  66勝

川崎徳次(西鉄)

西鉄草創期のエース。
稲尾の入団後は、まるでバトンタッチするかのように急激に成績を落として、引退してんねん。

60: 名無しさん 2014/03/20(木)00:19:57 ID:CL1PBMWUC
第33位  67勝

小宮山悟(横浜)
佐々岡真司(広島)

引退は、44歳・39歳という息の長い両投手。
昔に比べ、1年1年の勝ち星は少ないものの、現役期間が長いという近代投手の見本やね。
そのおかげで特定世代に偏らないランキングになってるんやでー。

61: 名無しさん 2014/03/20(木)00:20:29 ID:CL1PBMWUC
第31位  68勝

野村収(大洋)
スタンカ(大洋)

所属球団表記に若干の違和感の感じる2人が31位。
スタンカは、南海のイメージやけど最後は大洋に1年だけ所属して100勝を達成してんねん。
野村は、4球団渡り歩いてるから人によって、イメージが違うやろなー。

62: 名無しさん 2014/03/20(木)00:20:52 ID:CL1PBMWUC
第30位  71勝

松岡弘(ヤクルト)

同郷のライバル平松に通算勝利では敗れたけど
選手生活晩年の成績では上回っていた松岡。
怪我により、200勝を達成出来なかったことが惜しまれるわ。

63: 名無しさん 2014/03/20(木)00:21:12 ID:CL1PBMWUC
第27位  72勝

松沼博久(西武)
柚木進(南海)
中尾硯志(巨人)

3人とも30代以降で2桁勝利を4度記録。
酷使酷使と言われつつも50年代に30代投手が、
3年連続・4年連続で二桁を記録していたとは、意外やったね。

64: 名無しさん 2014/03/20(木)00:21:31 ID:CL1PBMWUC
第25位  74勝

石井茂雄(阪急)
金田正一(国鉄)

400勝投手が、早くも登場。
通算記録では、ずば抜けた数字を稼ぎ出すカネヤンも30代以降に限れば
それほど突出はしてへん。
典型的な先行逃げ切りタイプの成績やね。

65: 名無しさん 2014/03/20(木)00:21:55 ID:CL1PBMWUC
第25位  74勝

山本和行(阪神)

終身阪神なのにイマイチ地味な山本が、意外に高位でランクイン。
100勝100セーブもやってすごいはずなのにセーブはともかく、勝ち星がここまで多かった記憶がない不思議。

66: 名無しさん 2014/03/20(木)00:23:07 ID:CL1PBMWUC
>>65訂正

第24位  75勝

山本和行(阪神)

終身阪神なのにイマイチ地味な山本が、意外に高位でランクイン。
100勝100セーブもやってすごいはずなのにセーブはともかく、勝ち星がここまで多かった記憶がない不思議。

67: 名無しさん 2014/03/20(木)00:24:53 ID:CL1PBMWUC
第22位  81勝

三浦大輔(横浜)※
坂井勝二(東京)

坂井は、ロッテ・大洋・日本ハムを渡り歩いた投手。
初めて知ったんやけど、番長とおなじくチームの暗黒時代を支え続けていたんやろか?
三浦は、言わずと知れたDeNAのエース、勝ち星の半分以上を30代以降で稼いでおり、
今後は、通算200勝とともに通算で勝ち越せるかも大いに注目していかなあかんで。

68: 名無しさん 2014/03/20(木)00:25:11 ID:CL1PBMWUC
第21位  82勝

西口文也(西武)※

現役では200勝に最も近いと言われて、数年。
30代以降で100勝すれば200勝達成、限界が近いけどもう少し頑張ってやー。

69: 名無しさん 2014/03/20(木)00:26:12 ID:CL1PBMWUC
第20位  85勝

藤村隆男(阪神)

初代ミスタータイガース藤村の弟。
50年代に30代で連続20勝以上を記録するなど、当時としては珍しく30代において20代以上の活躍を見せた選手。
阪神だけと思いがちやけど、途中でパシフィック、晩年は広島と3球団に所属してたんやで。

70: 名無しさん 2014/03/20(木)00:26:29 ID:CL1PBMWUC
第19位  86勝

皆川睦雄(南海)

細く長く活躍し続けた200勝投手。
1968年に叩き出した31勝は、30代以降の記録としては最多勝利数なんやでー。

71: 名無しさん 2014/03/20(木)00:26:48 ID:CL1PBMWUC
第18位  88勝

大野豊(広島)

息が長いというか衰えを感じさせなかった投手。
いつまで経っても140キロ台を出し続けて、いつスピードが落ちんねんって思ってたわ。

72: 名無しさん 2014/03/20(木)00:27:07 ID:CL1PBMWUC
第17位  91勝

村田兆治(ロッテ)

現役時代に衰えを感じなかったのが大野なら
引退後に衰えを感じさせなかったのが村田。
さすがに近頃は、140キロは出せへんようやけど、
つい最近まで140出せてたのはやっぱりすごいねんなあ。

73: 名無しさん 2014/03/20(木)00:27:26 ID:CL1PBMWUC
第16位  97勝

足立光宏(阪急)

一昔前で老獪といえばこの人のイメージ。
シーズン中調子悪くても、ここ一番で調整してくるところなんかすごいと思うわ。

74: 名無しさん 2014/03/20(木)00:27:51 ID:CL1PBMWUC
第11位  100勝

下柳剛(阪神)
今井雄太郎(阪急)
東尾修(クラウン)
鈴木啓示(近鉄)
藤本英雄(巨人)

計ったかのようにきっちり100勝で、大量5人がランクイン。
200勝投手や完全試合投手に混じって、史上最年長最多勝受賞者である下柳が、
錚々たる顔触れの中に名を連ねているところが、すごいんやで。

79: 名無しさん 2014/03/20(木)00:35:01 ID:CL1PBMWUC
第10位  103勝

スタルヒン(巨人)

100勝越えが、ベスト10入りの投手達やでー。
10位は、球界初の100勝・200勝・300勝投手のスタルヒンや。
20代で達成したシーズン42勝が注目されるけど、
30代でも27勝して最多勝に輝くなど晩年もすごかったんや。
瞬間最大風速&長命という両立しない二つを成り立たせたレジェンドやで。

80: 名無しさん 2014/03/20(木)00:35:18 ID:CL1PBMWUC
第9位  109勝

佐藤義則(阪急)

44歳まで現役を続けたベテラン投手にして名コーチ。
30才で迎えたシーズンでは最多勝を獲得、40歳ではノーヒットノーランを達成するなど
老いてますます盛んな老齢投手。
今の人には、投手コーチとして功績のほうが有名やろね。

81: 名無しさん 2014/03/20(木)00:35:31 ID:CL1PBMWUC
第8位  114勝

小山正明(阪神)

精密機械と呼ばれた歴代3位の300勝投手。
惜しいのは、29歳のシーズンで30勝を記録していることなんや。
1年違えば、もっと順位が上やねんけどなー。

82: 名無しさん 2014/03/20(木)00:35:51 ID:CL1PBMWUC
第7位  117勝

高橋直樹(日ハム)

80年代では珍しい41歳までプレーしたアンダースロー投手。
勝ち星のほとんどをパリーグで上げたことで有名。
最後の球団が巨人ではなく、パリーグだったならもうちょっとだけ頑張れた可能性も・・・

83: 名無しさん 2014/03/20(木)00:36:08 ID:CL1PBMWUC
第6位  122勝

工藤公康(西武)

あの人が来るまで、最年長記録といえばこの人がほとんど更新してたなー。
48歳で引退、長寿選手の代名詞とも言われるけど若い頃はむしろ不摂生やったんやて。
ある時から一念発起して、節制した生活を心掛けて、長くプロ野球選手を続けることが出来たんだそうや。

84: 名無しさん 2014/03/20(木)00:36:25 ID:CL1PBMWUC
第5位  123勝

米田哲也(阪急)

通算記録では、万年2位が定位置の米田が5位にランクイン。
350勝投手が5位なのは不本意かもしれないけど、
通算記録としては、珍しく金田を大きく引き離しているのは嬉しいかもしれへんかもなー。

85: 名無しさん 2014/03/20(木)00:36:46 ID:CL1PBMWUC
第4位  131勝

別所毅彦(巨人)

一番勘違いしてたかもしれへん投手やわ。
300勝投手やけど昔やから勝手に若い頃荒稼ぎしてるって思とったら
意外にも30代以降で勝ってるんやね。
思ってたよりもタフな選手やったんやなとちょっと認識が変わったわ。

86: 名無しさん 2014/03/20(木)00:37:10 ID:CL1PBMWUC
第3位  134勝

山田久志(阪急)

史上最高のアンダスロー投手。
社会人経由でプロ入りと通算勝利数の割りにプロ入りした時期が遅いので、
かなり上位に来ると予想してたら、案の定な結果。
山田に限らず、アンダスロー投手がこのランキングに多数含まれてるから
渡辺や牧田にも今後期待してもいいかもしれへん。
ちなみに昨年までなら2位やったから集計時期が悪かったかもしれん。

87: 名無しさん 2014/03/20(木)00:37:31 ID:CL1PBMWUC
第2位  137勝

山本昌(中日)※

球界の生けるシーラカンスが、着々とランキングを駆け上がり、
ついに2位まで登りつめたんやでー。
この人のすごいところは、今までの常識が全く通じないことやね。
絶対届かないと思われる記録にもいつの間にか手の届く位置にいて、
正直どこまで記録が伸びるのかこれまでの経験則が通用せえへんからこの人だけはホンマに分からん。

88: 名無しさん 2014/03/20(木)00:37:57 ID:CL1PBMWUC
第1位  210勝

若林忠志(阪神)

プロ野球草創期のレジェンドにして、二昔前の長寿選手の代名詞。
一人だけ異次元の記録所持者。
プロ入りというよりプロ野球が出来たのが28歳と遅く、
しかも戦争による中断や戦後野球を辞めていた時期もあったこと加味すると
もう少し記録は伸びた可能性も・・・

89: 名無しさん 2014/03/20(木)00:38:14 ID:CL1PBMWUC
番外 95勝

小川健太郎(中日)

最初に断ったとおり、すべての投手が対象やないんや。
そやからベスト10は変わらへんけど、それ以下は変わる可能性があんねん。
一応思いついた選手を一人上げとくわー。
すべての勝ち星が30代以降という晩成タイプのアンダースロー投手。
背面投げの人と言ったほうが、分かるかもしれんね。
黒い霧事件により絡み、球界から永久失格を受ける。
これがなかったらベスト10入りしてた可能性は高かったと思うで。

90: 名無しさん 2014/03/20(木)00:38:34 ID:CL1PBMWUC
これで終わりや。
ほななー。

91: 名無しさん 2014/03/20(木)00:47:07 ID:snybmPz6Z
ランキング、データスレだいすき
お疲れさまあげ

92: 名無しさん 2014/03/20(木)00:50:48 ID:Yr47fDQxL
>>1ちゃんお疲れ様
サンキューやで!

94: 名無しさん 2014/03/20(木)02:04:02 ID:Z5LNgth3n
すげえ面白かった

おんJにもエース級あらわるだな

95: 名無しさん 2014/03/20(木)07:23:52 ID:cAQxsfafg
錚々たる面々が名を連ねる中で、あらためて山本昌の凄さを実感した




カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文

最近の投稿